高知らしさ

 
 

挑戦したからこそ叶った「ほにや」でよさこいを踊る夢

【KOCHI.RASHISAのスポンサー様です(^▽^)/】



よさこい発祥の地よりこんにちは。

人生一度きり。できればやってみたいことをすべて経験したいと思っている「こうちRASHISA」代表の小川みのるです。

仕事や家族などの理由で本当はやりたいのに我慢していることって何かしらひとつはあると思います。でも我慢するのはもったいない。でもいざやろうとしても時間やお金がないということもありますよね。

ただ、やりたいことを1つにしぼって「集中」してみることで成しえることってあると思うんです。わたしにとって「どうしても叶えたい夢」。それが「よさこい」を踊ること。そして「ほにや」で踊ることだったんです。

 

素人が昨年度「よさこい大賞チーム」で踊ってみるとこうなる

7年前からずっとよさこいを踊ってみたいとおもっていました。

そして、踊るなら今年しかないと思い、意を決してよさこい祭り参加をきめたのです。

若いひとが多いよさこいの踊り子のなかに混ざるのですからなるべく早く参加したかったですね。

 

よさこい祭りとは?

戦後復興後、商店街に活気を取り戻そうと高知市がよさこい祭りを企画したのが最初です。

第1回目は昭和29年8月。

当時の参加者は21団体750名でした。

今では約200団体で2万人ちかい踊り子が参加するまでになりました。

 

参加チームは「ほにや」

はじめて「ほにや」の踊りをみたのは2014年の夏でした。

わたしが高知県に移住した年ですね。

まだどのチームで踊ろうかとかんがえていたときでしたが、一目みてすぐに「ほにやで踊りたい」と思いました。

ご存知の方も多いと思いますが、溝端淳平主演の「君が踊る、夏」のモデルチームになりました。

映画の振り付けや衣装、踊りの指導もされていたのです。

 

よさこい素人が「ほにや」で踊るためにした4つのこと。

まわりのひとからは「やめたほうがいいよ」といわれたこの「挑戦」。

チームに参加し本祭を踊り終えるまでにいろいろやらなければならないことがありました。

「ほにやで踊るためにした4つのこと」を紹介いたします。これは仕事でもプライベートでも通じることが多々あります。

自分にとっても人生で大きな財産になりました。

①よさこい素人が面接をパスするために「分析」をする

まずはじめにしたことは「分析」です。まわりの人から「不可能」と言われたことを一つずつリストにしました。そして、なぜ不可能なのかを掘り下げていきます。

不可能と言われたこと
「よさこい素人の38歳男性ではほにやの書類審査や面接には通らない」

対策を考える
① 10~20代の女性が大半を占めるチーム。男性はわずか1割弱。
どうする?→男性のメリットを伝える。力仕事、声だし、運営の全般的な手伝いなどができる。
② 毎年参加する常連さんが優先してメンバーに選ばれる。新規参加者は残っている枠の狭き門。
どうする?→倍率が高くなるだろうから、書類選考の書類を特徴のあるものにする。
③ よさこい素人より経験者を優先する。また、体力にいる踊りのため若者を採用したい。
どうする?→豊富な社会経験から、チーム内の雰囲気を良くするために行動できることをアピールする。

このように、まず「ほにや」の書類選考および面接を通過するためにどうすればいいかを考えました。

 

一般応募が開始

いよいよ、一般応募の開始。38歳男性の私を「ぜひチームに入れたい」と思ってもらうため、所定の選考書類以外にも別紙で自己紹介シートを3枚作成しました。

写真も入れビジュアル的にも目に留まりやすい工夫をしました。

さらに、エントリー用紙に貼る写真は、プロのカメラマンに1万円支払い撮影をしてもらいました。

なんかNHKのアナウンサーみたいですね(笑)

 

書類選考および面接を無事通過!!

戦略的に活動をした結果、「ほにや」よりチーム参加決定の連絡をいただきました。

2017年1月にエントリー準備を開始してから3ヵ月。企業の就職活動なみに努力をしたので、とにかくうれしかったです。

実はこの書類選考に裏話があったそうです。過去に選考書類でこんな写真を貼ってきたのは私だけみたいだった為、かなり話題になっていたそうです。

この章のポイント
「不可能だと感じることを徹底的に分析し、可能なことを見つけ行動をおこす」

 

②出来ないことを出来るレベルに分解して行動する

まずはスタートラインに立つことができたので一安心です。

問題はここから先です。鳴子さえ持っていない、鳴らしたことがない私がどうやって一流の振りを身に付けるか。

いよいよ最難関の第二関門です。

不可能だと思われること
よさこい素人が「ほにや」の振りをチームの求めるレベルで30分踊り続けることが出来る。

可能なレベルに分解して行動する
1、どの鳴子を使えば上達が早いかチームのインストラクターに聞く。
2、正調よさこいを覚える。※よさこいの基本
3、鳴子の正しい鳴らし方をチームのメンバーに教わる。
4、鏡を見てひたすら確認しながら練習する。
5、志願して補習してもらう。
6、定期的にインストラクターに踊りを見てもらい指摘してもらう。

このように分解すると、すぐに行動へ移すことができます。

出来るレベルの行動であれば深く考えずに行動するのみです。

こうやって大きな不安を小さいな不安に置き換え、一つずつ不安を解消できるよう練習を進めていきました。

この章で大事なこと!
「難しいことを行動できるレベルに分解し、直ちに行動すること」

 

③目的達成のためなら「プライドを捨てる」

技術を教えてもらうのに年齢は関係ありません。

年下でも頭をさげて教えてもらうことが大事です。

そして、年下の踊り子が年上の自分にたいして遠慮なく踊りの指摘ができるよう、きちんと「年齢関係なくきちんと指摘してほしい」と伝えるといいと思います。

そして、指摘してもらったら「ありがとう」を伝えることです。

この章で大事こと!
「目標達成のため、年齢差によるプライドは捨てるが勝ち」

 

④積極的にチームの雑務をおこなう

チームの先輩メンバーやインストラクターも普通のひとです。

がんばっている姿をみれば協力してあげたいと思うものだと思います。

これは「踊りを遠慮なく指摘してもらう」ことにとても役立ちます。

練習以外に進んで「雑務」をおこなう
①練習開始15分まえに到着し、練習設備の準備を手伝う。
②練習場のそうじをすすんでおこなう
③練習終わりの片付けから荷物はこびをおこなう。

この章で大事なこと
みんなが嫌がるような「雑務」はすすんでおこなうこと。

 

 

7年間目標にしつづけた舞台にいよいよ立つ

私は7年前からずっとこの瞬間を夢見ていました。


ここは映画「君、踊る夏」の最後のシーンででてきた「追手筋本部競演場」です。

テレビ放映があり、審査会場でもあるこの「追手筋本部競演場」がチームとして一番緊張するところです。

この8分という短い時間で最高の踊りをするために3ヵ月間の練習をしてきているようなものですね。

 

さいごに:「挑戦」するから「夢がかなう」

2014年、2015年、2016年の3年間。よさこい祭りの日は観客として「ほにや」を応援していました。

その3年間、まさか自分が「ほにや」で踊れるなんて思っていませんでした。

しかし、「どうしても踊りたい」という気持ちが年々強くなっていきました。2016年の年末、プライベートにちょっとした変化があり、1年間よさこいを踊ることができる環境ができました。

その時思ったのが「夢で終わらせるか、現実のものにするか」ということです。

もしこのチャンスでほにやで踊らなかったら将来絶対に後悔すると思いました。

なので、とてつもない「挑戦」でしたが、意を決して行動したのです。

 

これからも「夢で終わらせないためにも挑戦」し続けていきたいと思います。

 

関連記事:よさこいで「NHKうたコン生放送」に一青窈さんと出演するという奇跡

 

♬人気の記事ベスト3♬

なぜ私が年収700万円の一部上場企業と都会を35歳で捨てたのか?

30代以降の男性が無気力無行動に陥りやすい科学的な理由

ダイエットに「ジョギング」が絶対に必要な3つの理由

 

 

横浜市から高知市へ35歳で移住した田舎暮らしに憧れる編集長の小川みのる(@Twitter)です。1部上場企業を退職。家族の介護の為に高知へ。「高知らしさ」をライフワークにし、多くの「高知らしさ」を残すのが目標。高知市のウェブジャーナル「高知。おまちRASHISA」編集長。代表小川みのるのプロフィールはこちら

 





【KOCHI.RASHISAのスポンサー様です(^▽^)/】







ピックアップ記事

  1. 日本のダイエットの重大な問題点
  2. ダイエットで成功するための「3つの食事方法」
  3. 将来を考え30代から副業で稼いでいるひとが人生で優位に立つ
  4. ダイエットで「ストレッチをしないひと」が失敗する理由
  5. アメリカ式会議がとてつもなく効率がよい理由

関連記事

  1. 高知らしさ

    よさこいで「NHKうたコン生放送」。一青窈さんと夢の出演

    こんにちは。神奈川県から高知市へ移住し、サラリーマ…

  2. 高知らしさ

    高知の山奥で出会った絶品スイーツ「茶畑プリン」

    いつも、ビジネスや健康記事ばかりなので、たまには高…

  3. 高知らしさ

    山の半分が桜に覆われている「牧野公園」の魅力

    桜の時期、どこに行こうかと迷うかたも多いのはないで…

  4. 高知らしさ

    高知県民で知らない人はいないパン屋!

    高知県民で知らない人はいないパン屋!&nb…

よく読まれている記事

  1. 活力みなぎる身体づくりの方法

    サルコペニア(筋力低下)で理想の人生を歩むことができなくなる
  2. 高知らしさ

    挑戦したからこそ叶った「ほにや」でよさこいを踊る夢
  3. 活力みなぎる身体づくりの方法

    働きすぎによる過労死のメカニズム
  4. 高知らしさ

    高知県民で知らない人はいないパン屋!
  5. 活力みなぎる身体づくりの方法

    30代以降の男性が無気力無行動に陥りやすい科学的な理由
PAGE TOP