30代男性のダイエットは9割以上挫折する。

活力みなぎる身体づくり

ダイエットに成功しているたった1割の30代男性が心がけている4つの方法

皆さんの中で今までダイエットに挑戦したことがある方はいらっしゃいますか。ダイエットに挑戦したけど成功しなかった」という方が多いのではないでしょうか。

書店では多くの「ダイエットのノウハウ本」で溢れています。こんなにも多くの人が「ダイエットしたい」と思っていても、なかなか成功しないのはどうしてなのでしょうか。

30代男性のダイエットが9割以上挫折する3つの理由。

私は10年間大手スポーツクラブで、お客様のカウンセリングやグループエクササイズのインストラクターをしていました。10年間で2000名以上のお客様とマンツーマンでカウンセリングをしました。私と同じ30代男性の方もたくさんいました。そこで、10年間で2000名以上のお客様とマンツーマンでカウンセリングをした元ジムスタッフのみのるが「30代男性のダイエットが9割以上挫折する理由」をお教えします。

①危機感がない

30代の皆さんはまだ健康に自信をもっている方が多かったです。実際にインボディ測定という機器で身体の状態を測定しますが、30代男性でやや肥満の方は多いのですが、今すぐ成人病のリスクになるような状態の人は少なかったです。40代を過ぎると身体にガタがくるという話は良く聞きますが、30代ではあまり多くないように思えました。

したがって、ダイエットしようと決意したとしても危機感が弱いので、少しの誘惑でダイエットを断念される方が多いのです。

②時間が足りない

30代男性のお話を聞いていると、とにかくジムに通う時間が圧倒的に足りないと感じました。会社では中間管理職のためとにかく忙しい。家に帰れば小さい子供がいるため家事育児で忙しい。そんな日々忙しく過ごしている30代男性が仕事後や休日にジムへ行くというのは難しいことなのです。

③ストレスによる暴飲暴食

満員電車での通勤、部下の育成、上司との付き合い、出世競争、家事、育児などなど、30代男性はなにかと日々ストレスにされされて生活をしています。30代の皆さんとお話をさせていただくと、「ストレスで暴飲暴食をしてしまう」という声がとても多かったのです。ダイエットをしようと決意された理由の一つに「ストレスによる暴飲暴食」があるのです。

30代男性のジム入会後6ヵ月間の継続調査

         構成要素 人数
30代男性の入会者数 100名
30代男性の退会者数(7ヶ月目) 35名
30代男性の未利用低利用率(7ヶ月目) 55名
30代男性の月4会以上の参加者(7ヶ月目) 10名

スポーツクラブでは、年代別の退会率や継続率のデータを毎月収集及び分析しています。簡単ですが上のグラフは30代男性の入会後の退会及び継続状況です。100名入会した場合の6か月間の分析データです。7ヵ月目で既に退会している人が35名もいることに驚かれると思いますが、それ以上に「1週間に1度も利用しない」という方が55名もいるのです。会員ではあるが通っていないという状態です。いわゆる「幽霊会員」ですね。

驚くことに、100名入会した30代男性で7ヵ月目以降も継続している人はたったの10名しかいないのです。

ダイエットに成功しているたった1割の30代男性が心がけている4つの方法

30代男性のダイエットは9割以上挫折する。

①無理をしない

ダイエットというものは「脳」との戦いなのです。「脳」はあなたの体重を急激に減らしたくないのです。「生存本能」としてDNAにインプットされているのです。例えば1週間で5キロ痩せることができたとしましょう。「脳」はこう解釈します。「何か不測の事態が起きた!飢餓に備えよう!」と。そうなると、あらゆる手を使い元の体重に戻そうとします。これがいわゆるリバウンドの正体です。

挫折する人は「最初の1ヵ月目から週3回以上通って頑張ります」。
成功している人は「最初の1ヵ月目から週1回だけジムに通います」。

②過度な食事制限をしない

ダイエットは「脳」との戦いです。急激な食事制限はかならず「脳が錯覚」を起こしてしまいます。特に炭水化物ダイエットについてはとても危険です。十分な知識がある方が適度にやる分には良いのですが、ちょっと知識をかじったぐらいの方が実践をすると良い結果に結びつかない場合が多いです。

挫折する人は「炭水化物や甘いものを極端に減らします」。
成功している人は「炭水化物も甘いものも適度な量食べます」

成功している人は、「我慢することがストレスにつながる」ということを知っているのです。最初の3日間ぐらいはご飯の量を極端に減らしても乗り越えられるのですが、ストレスが溜まり我慢が出来なくなると、今度は過食に走ってしまうのです。実際に私もすべての炭水化物と甘いものを断って生活をしたことがあります。しかし、1週間ぐらいでストレスに勝てず断念してしまいました。炭水化物等を断つ辛い食事制限は続かないのです。

③無理な目標を立てない

「脳」とういのは、今の体重を維持しようとする機能があります。したがって、急激に減少するような計画を立てればリバウンドする可能性が高くなります。したがって、少しずつ体重を減らしていく計画を立てることが大事です。

挫折する人は「無謀なダイエット計画を立てます」。
成功している人は「1ヵ月に1キロ減ぐらいの着実な計画を立てます」。

少しずつ体重を減らしていくことに加え、体重よりも「脂肪量」に着目することが大事です。体重には「筋肉」も含まれています。筋肉が減少することで体重が減少するのは健康的なダイエットではありません。正しい指導をしてくれるスポーツクラブであれば、体重ではなく「体脂肪率・脂肪量」をコミットにしてくれます。体重だけをコミットするようなスポーツクラブを信用してはいけません。

 

④ダイエットを目的ではなく手段にしている

ダイエットを挫折している人の話を聞いていると「ダイエットがしたい」という方が非常に多いです。私はカウンセリングで「ダイエットが成功したら何がししたいですか?」と必ず質問をしていました。だいたいの人は答えることが出来ません。なぜならダイエットが目的だからです。

挫折する人は「ダイエットが目的」。
成功している人は「ダイエットは手段」。

ダイエットに成功している方々の話を聞いていると、皆さんとても素敵な目標をお持ちです。その目標を達成するための手段としてジムで「ダイエット」をするのです。さらに言うと、成功している人は「理想の身体のイメージ」をお持ちです。体重を減らすだけではなく、筋肉量や体力なども向上させようと考えています。

さいごに:あなたにもできる!今年中に目標体重達成!

ここまで記事をご覧になられた方は、ダイエットしたいと考えていらっしゃる方です。そして最後にお伝えします。あなたは必ず今年中に目標体重に身体を変化させることが可能です。

その方法は成功している方の4つの方法に凝縮されていますが、敢えて追加してお伝えするなら「もしあなたの体重が80キロなら、75キロの体重の生活を送ること」です。今と比べて日常生活どのように習慣を変えていきますか。方法はたくさんあります。ぜひあなたの方法でダイエットにチャレンジしてみてください。

ちなみに私が体重をキープするために実践していることは以下の3つです。

①週2回ジョギングをする(トータル20km)
②揚げ物よりも煮物を食べる。
③食事はゆっくりよく噛んで食べる。

私はこの3つを実践するだけで、体脂肪量も筋肉量もほぼキープできています。もしあと1キロ体脂肪量を減らそうと思ったら、週2回のジョギングを週3回にすると思います。おそらくそれだけで3ヵ月続ければ脂肪量を1キロ落とすことができると思います。

体重(体脂肪率)というのはあなたの「生き方」が現れています。ぜひわくわくするような目標を立ててください。そして、目標達成を目指して努力してみてください。気がつけば体重が減っていることに驚くことでしょう。

 

おがわみのるのプロフィールはこちら

ピックアップ記事

  1. メディアに騙され貯金し続ける30代
  2. 30代男性におススメ!トレラン3つの魅力!
  3. 組織にいると思考が幼児レベルまで退行する驚くべき理由
  4. 「FXで儲ける方法」連載スタート!
  5. 会社の会議を変えると人生10倍楽しくなります

関連記事

  1. 活力みなぎる身体づくり

    30代男性におススメ!トレラン3つの魅力!

    最近、トレランを始める方が増えています。皆さんのまわりでもトレランして…

  2. 活力みなぎる身体づくり

    トレラン係長!山下登の「9回の裏人生サヨナラ本塁打の巻き」

    「トレラン係長!山下登!」登場人物:山下登(やまし…

よく読まれている記事

  1. 限界に挑戦し突破したこと

    やってみたいことをやり始めてみたら「広い世界が見えた」
  2. ブログで月10万円稼ぐ

    わかやまゆうやさんのブログコンサル「コスパ良すぎ」
  3. 活力みなぎる身体づくり

    30代男性におススメ!トレラン3つの魅力!
  4. FXで月10万円稼ぐ

    インパクトウルトラ級「ジャクソンホール会議」まもなくスタート
  5. 30代男性の後悔しない働き方

    組織にいると思考が幼児レベルまで退行する驚くべき理由
PAGE TOP