FXで月10万円稼ぐ方法

メディアに騙され貯金し続ける30代

高い年齢層の貯蓄率が15年ぶりに高い水準に達しているとのこと。世界的にも日本人の貯蓄率は世界トップレベルだそうだ。

家計の貯蓄率が上昇している。総務省の家計調査によると、貯蓄率を示す2016年の「黒字率」は27.8%と前年より1.6ポイント上がった。水準は01年以来15年ぶりの高さとなった。雇用改善で所得は緩やかに増えたが、高い年齢層の世帯を中心に節約志向が根強いことが浮き彫りになった。

引用元日本経済新聞

日銀の金融緩和政策がつづき、預金利率は事実上0パーセント付近。働いたお金をコツコツ貯金している日本人。世界的になぜこれほどお金の使い方が下手くそになってしまったのだろうか。

今の30代がひたすら貯金をするたった一つの理由。

私のサラリーマン時代、まわりの同僚のほとんどはお小遣い制だった。理由は簡単だ。住宅ローンと養育費、老後の貯金等を差し引いた残りの一部が旦那のお小遣いにまわるという仕組みだからだ。給料も劇的にアップする可能性も低い。年収は横ばいか減る可能性がある。妻は将来のことを考えせっせと貯金をする。旦那が飲むビール代を減らしてもだ。

年金支給額は年200万円

現在、65歳から支給される1年間で夫婦に支給される平均年金額は200万円。当然個人差はあるが大差はないという。その支給年齢が70歳を超え、75歳からの支給になる可能性もあるとのこと。我々30代は年金支払い額に対して50%しか支給を受けることが出来ないそうだ。現時点で支給を受けている65歳以上の方々はラッキー。払い込み額よりも支給額が大きく上回っている。いわゆる賦課方式だ。

なぜ金融について勉強しないのか。

年金を払うという大きな資産減少に加え、超低金利な日本の銀行等に預金するという愚行。加えて30年以上払い続ける住宅ローン。企業の財務担当がこんなことをしていたら社長からクビを言い渡されるだろう。一体なぜいつまでもこの不合理に気づかないのだろうか。

思考停止をしている原因は1つ。それはメディアによる情報だ。日経新聞やNHK等、主要メディアはこぞって「貯金、年金支払い」についてポジティブ作戦遂行中だ。特に30代ビジネスパーソン愛用の日経新聞などは顕著だ。

様々な崖を乗り切るには現在の年収がいつまでも続かないことを認識したうえで(1)夫婦ともに長く働く(2)生活を身の丈にあった水準に直す――などして貯蓄をなるべく多く残しておくことが大事だ。特に(2)に関して深田氏は「配偶者や子供にみえを張らず、収入が減った場合はきちんと宣言すべきだ」と助言している。

引用元日本経済新聞朝刊2017年7月15日付

連日、このように将来の先行き不安と貯蓄の重要性を日経新聞をはじめ、各社が報道すれば情報弱者の30代はおのずと貯蓄率があがることだろう。なぜ日経ごときに「身の丈にあった水準に直せ」と言われなければならないのか。なぜ正しい金融の知識を読者に向けて発信をしないのか。

60歳で30~50%給料がカットされても再雇用に応じる。

極め付けは「60歳を迎えての再雇用制度」だ。65歳定年制といいつつ、どんなに優秀であっても60歳になったら一律給料が30~50%カットされてしまう。なんという不合理さなのだろうか。しかし、日本人の多くの人々はその不合理さも気づいていない。60歳を過ぎても働けることに対して「ラッキー」と思っている人もいるぐらいだ。

今こそお金を勉強をしよう!

欧米の30代は、それこそお金について必死に勉強をしている。メチャクチャ勉強をする。なぜなら欧米人は「早くリタイヤしたい」からだ。早期リタイヤして家族で人生を楽しむのだ。お金でお金を増やす資産運用ができるようになれば、貯金と年金だけに頼る必要がなくなる。身の丈にあった生活にする必要もない。節約なんかしなくても良い。将来を不安に思う必要もない。

資産運用のプロフェッショナルに学ぶ!

ワシントンDCに1年インターンをしていた際、同僚の男性に一人は「証券会社の勉強会」に参加していた。金融のことは金融のプロに学べということ。アメリカでは金融工学についてのセミナー等が半端なく充実している。私も帰国後、15年間近く株を運用していたが、現在はFXをしている。金融を学ぶにあたっては、証券会社の人と決めていた。しかし、現役の証券マンだと自社の商品を売らされる危険性があったので、元証券マンの西原氏のメルマガで基礎を勉強した。西原氏を選んだ理由は簡単だ。FXの成功者について調べていた際、多くの有名なトレーダーが一目置く存在だからだ。プロが選ぶトレーダーが西原氏なのだ。

西原宏一氏
シティバンクをはじめ、ドイツ銀行、シンガポール開発銀行等を歴任。その後、株式会社CKキャピタルを設立。代表取締役。

おがわみのるのプロフィールはこちら
おがわみのる「己の限界に挑戦!100のリスト!」はこちら

ピックアップ記事

  1. 30代男性におススメ!トレラン3つの魅力!
  2. ダイエットで「ストレッチをしないひと」が失敗する理由
  3. 30代サラリーマンが持つ悩み
  4. 組織にいると思考が幼児レベルまで退行する驚くべき理由
  5. トレランが「人生を変えた」ノンフィクションストーリー

関連記事

  1. FXで月10万円稼ぐ方法

    FXで儲ける仕組み「スワップ」とは?

    みなさん、「スワップ」という言葉を聞いたことがあり…

  2. FXで月10万円稼ぐ方法

    FXで儲ける仕組み「売買差益」

    FXでは売買差益で儲けるさて、前回はスワップポ…

  3. FXで月10万円稼ぐ方法

    「FXで儲ける方法」連載スタート!

    「FXで儲ける」という書籍やネットサイトがとても多いですね。皆さんのま…

  4. FXで月10万円稼ぐ方法

    いつまでもお小遣い3万円でいいんですか?

    いつまでもお小遣い3万円でいいんですか。30代男性のお小遣いの平均…

  5. FXで月10万円稼ぐ方法

    アメリカのデフォルトによる世界金融危機のリスク

    米国に「リバティボンド(自国国債)法」というものがあるのは皆さんご存知…

  6. FXで月10万円稼ぐ方法

    保証金及び強制ロスカットについて

    保証金及び強制ロスカットについて前回までにFX…

よく読まれている記事

  1. FXで月10万円稼ぐ方法

    FXで儲ける仕組み「売買差益」
  2. 30代男性の後悔しない働き方

    30代サラリーマンが持つ悩み
  3. 活力みなぎる身体づくりの方法

    日本のダイエットの重大な問題点
  4. 高知県移住を語る

    高知県民で知らない人はいないパン屋!
  5. FXで月10万円稼ぐ方法

    保証金及び強制ロスカットについて
PAGE TOP