活力みなぎる身体づくりの方法

 
 

ダイエットで「ストレッチをしないひと」が失敗する理由

スポンサーリンク

ダイエットで「ストレッチ」は絶対にするべき理由

元ジムのインストラクター兼カウンセリングを行っていた小川みのるです。過去10年で1500名以上のジム入会希望者へカウンセリングを行ってきました。その経験をふまえ、元プロのインストラクター兼カウンセラーが最短で最大の効果を得られるダイエットの方法を提案します。

まずダイエットを成功させる大前提があります。それは「自分の身体の状態を知る」ということです。筋肉、脂肪、水分、骨がどのようなバランスになっているか。本当に脂肪が占める割合が多いかどうかということですね。

そして、自分の身体を知ったうえで「ダイエットが必要だ」というのであればダイエットをするべきだと思います。自分の身体の状況を知らずしてダイエットをはじめるのは無謀ですだと思います。

ダイエットを始めるにあたって大事なことが3つあります。それは「運動」「栄養」「休養」の3つです。今回は「運動」の中のひとつ「ストレッチ」についてお話ししていきたいと思います。そもそも運動には大きくわけて3つあります。

ストレッチを行うメリット

ストレッチとは、「関節の可動域を広げる」ということです。皆さんも自宅で思うままにストレッチをした経験があると思います。しかし、継続して毎日ストレッチをしているというひとは意外と少ないです。そもそも「ストレッチ」をするとどんなメリットがあるのかご紹介します。

ストレッチをしないと身体はどうなる?

ストレッチをしないと関節の可動域がせまくなります。そうすると体をスムーズに動かくことが出来なくなります。日常生活の簡単な動作だけでも動きづらくなります。

たとえば「腰」の筋肉が固くなるとします。するとその周囲の筋肉が緊張した状態のままになり、ほかの部位が動きを補おうとして動作が不自然になってしまいます。ゆがみが連鎖して全身のバランスが崩れ、怪我をしやすく疲労のたまりやすい体になります。そして様々な不調の原因になります。

この体がかたいことによる不調はさまざまですね。しかし、ストレッチをすることによりこれらの不調が解消することができるのです。たかがストレッチですが毎日やる価値は100%ありますよね。

 

なぜ体がかたくなるのか

カラダがかたいというのは、筋肉の伸び縮みする力が弱かったり、肩やひざなどの関節を動かせる範囲が狭くなっている状態です。筋肉というのは力を入れるとかたくなりますよね。一方、力を抜けば柔らかくなる性質があります。しかし、デスクワークで椅子に座ったままの状態ですと、筋肉が緊張しかたい状況がずっと続くことになります。

筋肉の緊張状態がつづくと、血流が悪くなり老廃物が溜まるようになります。その老廃物が溜まることで体に様々な不調をもたらしてしまうのです。

筋肉がかたくなり伸び縮みが出来なくなったり、関節の可動域を狭めたりする原因は日常生活の中でたくさんあります。

 

体をやわらかくするメリット

ストレッチをすることで筋肉の緊張をほぐしたり、関節の可動域を広げることができるということは分かって頂けたと思います。ストレッチで体が柔軟になると、リンパ液や血液の流れがスムーズになります。体に溜まっていた老廃物が排出され、こりやむくみ疲れなどが軽減します。さらに、血液が手足の末端まで行き渡るので冷え症の改善にもつながります。

また、関節の可動域が広がると体を動かしやすくなります。日常生活やスポーツをする際の動作がスムーズになります。怪我を防止したりスポーツで良い結果を出すことができますね。

さらには、ストレッチには自律神経を活発にしてくれる効果もあります。ストレスを溜めているときなどはとても良いリフレッシュになります。

 

ストレッチをはじめよう

いざ、ストレッチをするにあたって「どうやればいいの?」と疑問に思う方もいると思います。方法はいたって簡単です。最初はたった2つのことを意識してやっていただければいいと思います。

ストレッチについては、多くの書籍やネットにハウツー本が出ています。実に多くの方法がありますが、毎日コツコツと続けることができればそう大差はないと思います。とにかくストレッチは継続が大事です。

「でもお手本などがないと全く分からない」という方もいると思います。その方向けに初心者のためにストレッチ動画をご紹介しますね。ぜひ今日からでも少しずつ始めていってください。

さいごに:

結構、ストレッチをバカにしている人が多いと思います。たしかにストレッチをしたからすぐに痩せるわけではありません。なかなか効果が見えないのがストレッチだと思います。

しかし、体の構造さえ分かってしまえば、ストレッチがどれだけ体に重要なことが理解していただけたかと思います。なかなか継続されている方は少ないですが、ぜひこれから運動を始めようと考えている人はストレッチからはじめましょう。

ストレッチを制するものはダイエットにおいて最短で最大の効果を得ることができると考えています。

 

 


元ジムインストラクター兼スタッフ「小川 みのる」のプロフィールはこちら

 





スポンサーリンク







ピックアップ記事

  1. ほとんどの人に知られていない体のエネルギーが生み出されるメカニズム
  2. 組織にいると自分の頭で考えるチカラが衰える理由
  3. 日本のダイエットの重大な問題点
  4. ダイエットで「ストレッチをしないひと」が失敗する理由
  5. 高知の山奥で出会った絶品スイーツ「茶畑プリン」

関連記事

  1. 活力みなぎる身体づくりの方法

    働きすぎによる過労死のメカニズム

    電通社員の自殺からはじまった「働き方に関する問題」がいまだに話題となっ…

  2. 活力みなぎる身体づくりの方法

    ダイエットを始める前にまずしなければならない最も大事なこと

    自分の身体を知る元ジムのインストラクター兼カウンセリングを行ってい…

  3. 活力みなぎる身体づくりの方法

    30代以降の男性が無気力無行動に陥りやすい科学的な理由

    最近よくみかけます。・カフェで外をながめてぼーっとしているひと…

  4. 活力みなぎる身体づくりの方法

    ダイエットで成功するための「3つの食事方法」

    元ジムのインストラクター兼カウンセリングを行っていた小川みのるです。過…

  5. 活力みなぎる身体づくりの方法

    ダンベルを使った筋トレはもう古い。「ファントレ」で理想的な身体を手に入れよう

    元ジムのインストラクター兼カウンセリングを行っていた小川みのるです。過…

  6. 活力みなぎる身体づくりの方法

    ダイエットに「ジョギング」が絶対に必要な3つの理由

    元ジムのインストラクター兼カウンセリングを行っていた小川みのるです。過…

よく読まれている記事

  1. 活力みなぎる身体づくりの方法

    30代男性におススメ!トレラン3つの魅力!
  2. 30代の働き方

    仕事が劇的にできるようになるたった一つに考え方
  3. お酒*よさこい*高知移住

    挑戦したからこそ叶った「ほにや」でよさこいを踊る夢
  4. お酒*よさこい*高知移住

    山の半分が桜に覆われている「牧野公園」の魅力
  5. 活力みなぎる身体づくりの方法

    日本のダイエットの重大な問題点
PAGE TOP