30代男性の後悔しない働き方

なぜ私が年収700万円の一部上場企業と都会を35歳で捨てたのか?

なぜ年収700万円の一部上場企業と都会を35歳で捨てたのか

東京で生まれ東京で育つ

東京都世田谷区と神奈川県横浜市で30年近く過ごしました。生まれたのが世田谷なので、小さい頃から便利な生活の中で過ごしてきました。小学生の頃は自転車で渋谷に行ったり、学校帰りにゲームを買いに秋葉原へ行ったりと、時代の流行りの感覚を小さい頃から感じていました。

自宅は一軒家。最寄駅へは歩いて45秒。最寄りのコンビニは歩いて1分。これが当たり前だったので、小さいころは便利だと思ったことはありませんでした。

子供が生まれて気づく都会の住みづらさ

神奈川県横浜市の横浜駅から相鉄線の4つ目の駅「和田町駅」から徒歩10分のところに住んでいました。子供が生まれたのもその時です。妻と二人で暮らしている時は全く感じなかったのですが、子供が生まれた瞬間「都会の住みづらさ」に気づきました。

子供と外出するのがつらい

とにかく当時1歳だった息子と外出するのが苦痛でした。唯一の公園まで歩いて10分。とても小さい公園です。そこまでは車がたくさん走る細い道を通らなければなりません。駐車場がないので車で行くことも出来ません。排気ガスの中、息子と狭い道路を通って公園にたどり着いても、憩いの場もないだだっ広い公園です。子供が泣いても落ち着いてあやすところもありません。ただただストレスが溜まるだけの外出でした。

精神的に疲労する横浜駅へのお出かけ

妻もずっと息子と家にいるのではストレスが溜まるので、休みの日は横浜駅やみなとみらいへ買い物へ出かけていました。比較的30分ぐらいで横浜駅まで着くのですが、横浜駅に着いてからが試練の連続でした。

駅から地上へ出るのに一苦労

ベビーカーでのお出かけだったので、駅から地上に出る際はエレベーターを使います。しかし、このエレベーターが試練だったのです。なぜなら多くの健常者がエレベーターを使用するからです。若者から高齢者まで多くの人がエレベーター前で並んでいます。私たちからすれば「健常者はエスカレーターを使用してほしい」と思うのですが、近くにあるエレベーターに群がるのです。少しでも歩きたくないのでしょうね。

こうしてただでさえ少ないエレベーターに乗るのが一苦労。乗れたとしても多くの健常者の中、ギュウギュウ詰めでベビーカーを入れます。地上にあがるころには妻も私もイライラが募っています。

一休みする場所には天敵「スモーカー」

疲れてくると駅付近のベンチで一休みをするのですが、結構な確率でスモーカーがいました。まだ1歳の乳幼児だったので、出来るだけ煙から避けたかったのですが、そうすると休憩する場所を探すのがまた一苦労なのです。休憩場所を探すのにまたイライラを募らせるのです。

レストランは疲労するところ

おちついて食事が出来るレストランは高単価であることが多く、仕方なくチェーン店などのレストランに行きました。しかし、数が限られているチェーン店には多くの学生、主婦、お年寄り方々が席を長時間滞在。とても回転率が悪いレストランの前でひたすら待つという嫌な経験が多かったです。「なぜこの程度のレストランで待たなければならないのか」とイライラしていました。

帰りはもうヘトヘト

買い物をすれば荷物も増えます。だいたい夕方になれば電車も混雑してきます。色々過酷なハードルをクリアしてきた小川夫婦は心身ともにヘトヘト。電車も座って帰りたいところです。しかしそう簡単にはいきません。始発駅の各駅停車なのに座れる可能性は50%。タイミングがずれれば夫婦ともども座れません。学生たちが座って携帯を眺めている前で、片手でつり皮も持ち、子供を抱っこしてあやしている腕は常に限界状態。駅について家路につく坂道では夫婦で会話する気にもなれませんでした。せめて車を所有していれば少しは楽だったのですが。

都会は子供を育てる難易度が高すぎる。

つくづく都会で育児をするハードルの高さにうんざりしていました。まわりの人も赤ちゃんを連れているからと言って譲ってくれるなんてことは稀でした。相手が女性なら確率も高いのですが、学生や男性の場合はほぼ諦めていました。

残業や休日出勤でさらに追い打ち

30歳を過ぎた頃から部下が多くなり、毎日帰りが深夜に。たまの休みも研修等で休日出勤。人員不足で振替休日が取れないという悪循環。小川夫婦はもう体力的にも精神的にも限界を超えていました。

1部上場企業の課長代理というポジションを捨てる勇気

退職を考えていたのは35歳。世間一般では転職可能年齢限界ライン。年収700万円までひたすら我慢して働いてきたので、決断するのにものすごい勇気が必要でした。1度も転職したことがなかったので、転職は悪だと思っていました。

妻の実家高知県へ移住するという選択

ある日、意を決して妻に本音を話しました。今の生活をすべて変えたいと。とても勇気のいることでした。妻は1部上場企業の今の会社を辞めることに絶対反対すると思っていました。しかし、帰ってきた答えは意外にも「私もその方がいいと思う」と言ってくれたのです。退職をするという決断だけでなく横浜を捨てるということについても賛成してくれました。

あの時、退職を決意していなかったら

おそらく、35歳の夏に「退職&移住」を決断していなかったら、精神的に病んでいたことだと思います。それほど追い詰められていました。決して決断は簡単ではありませんでしたが、勇気もって話してみるということが決断につながったのではないかと思っています。

 

最後に:選択肢はいくらでもあります。勇気をもって決断してみてください。

もしあなたが今の生活で追い詰められている状況なら、ぜひ勇気をもって家族や友人に話してみてください。一人で抱えるととてもつらいことです。そして、何かを変えるという「決断」をしてみてください。我慢して今の追い詰められている生活を続けることは精神を蝕んでいきます。勇気をもって決断ができる時に決断をしないと決断が出来なくなります。ぜひそうなる前に1歩を踏みだしてください。

安心してください。手に職もない私が35歳無職のまま高知へ移住し就職することが出来ましたから。

おがわみのるのプロフィールはこちら

ピックアップ記事

  1. ダイエットに成功しているたった1割の30代男性が心がけている4つの方法
  2. メディアに騙され貯金し続ける30代
  3. 30代サラリーマンが持つ悩み
  4. 「FXで儲ける方法」連載スタート!
  5. 会社の会議を変えると人生10倍楽しくなります

関連記事

  1. 30代男性の後悔しない働き方

    30代サラリーマンが持つ悩み

    みなさんはじめまして!横浜と上場企業から高知へ逃げてきたみのるです。…

  2. 30代男性の後悔しない働き方

    会社の会議を変えると人生10倍楽しくなります

    会社に勤めていれば必ず会議があります。日本では毎週、毎月、定期、不定期…

  3. 30代男性の後悔しない働き方

    組織にいると思考が幼児レベルまで退行する驚くべき理由

    人類は大昔より群れをつくり狩猟をして生きてきました…

よく読まれている記事

  1. 限界に挑戦し突破したこと

    限界を超えて感じた4つの大事なこと!
  2. FXで月10万円稼ぐ

    FXで儲ける仕組み「スワップ」とは?
  3. FXで月10万円稼ぐ

    FXで儲ける仕組み「売買差益」
  4. 30代男性の後悔しない働き方

    30代サラリーマンが持つ悩み
  5. 限界に挑戦し突破したこと

    やってみたいことをやり始めてみたら「広い世界が見えた」
PAGE TOP