高知らしさ

 
 

山の半分が桜に覆われている「牧野公園」の魅力

【KOCHI.RASHISAのスポンサー様です(^▽^)/】



 

桜の時期、どこに行こうかと迷うかたも多いのはないでしょうか。

高知県にはたくさんの桜の名所があります。

そのなかでわたしが一番すきな場所をこっそりおしえちゃいます。こんなはなしは独り占めしちゃだめですもんね。ということで。

 

 

やまの半分が桜で覆いつくされる圧巻の牧野公園

 

ここはJR土讃線の「佐川駅」というところです。

いったい「佐川駅」とは高知県のどの辺なのでしょうか。地図でみてみましょう。

ちょうど全体的に高知家のまんなか辺りですね。

高知市からJR土讃線にのっていくことができます。

単線の1両編成です。

全国でも水質トップクラスの仁淀川や四万十川を横断する列車ということで、鉄道ファンからも人気の列車なのです。

高知駅から30分ぐらいで佐川町につくとおもいます。

 

駅をおりてしばらくあるくと、「司牡丹」という看板がみえてきます。

なんとも歴史ある木の看板ですよね。

これは高知県では有名な酒造メーカーなんです。わたしもたまに飲みますよ。辛口で飲みやすい日本酒です。

この司牡丹のある通りは、酒粕のかおりただよっており、酒好きな方にはたまらないと思います(笑)

 

めざす「牧野公園」までのみちも、酒蔵や古民家などがたち並び、「歴町さかわ」というだけあってなかなか情緒深いまちなみです。

このみちを歩くだけでも観光にくるメリットがありますね。

撮影した日は桜が「満開日」で、しかも天気も快晴。

雨男のわたしにはとっても珍しいことなんです(笑)

 

しばらくあるくとお寺が見えてきました。

「青源寺」がみえてきました。ここは「土佐三大名園」のひとつ。

きょうは名園見物はしませんでしたが、お寺をそとか見ても名園の雰囲気が漂っていました。

臨済宗妙心寺派「青源寺」
江戸時代、土佐藩主山内家の家臣で佐川領主の深尾家菩提寺。
禅宗庭園らしい枯淡の味わい深い庭園で土佐三大名園の一つ。

 

こちらは「青源寺」の西門からパシャリです。

いやーほんとに素敵ですよね。

ということで、本日の目的地である牧野公園に進もうとおもいます。

 

山半分が「さくら」の牧野公園

ここが「牧野公園」にいりぐちですね。

むかって左手には満開の桜にかこまれた幼稚園で元気にあそぶ子供たちの姿に心が和みます。

この幼稚園をすぎれば上り坂になっていきます。

だんだん桜の量も増えていきます。

 

のぼりはじめたすぐ左手には「茶店」がならんでいます。

アイスクリンやおでんなど、休憩したり昼食で利用することもできそうですね。

高知はおでん好きが多いらしく、この時期あちらこちらでおでんがお店にならんでいるのです。不思議、、、、。

 

途中には神社の鳥居みたいなものもみえてきました。

なんの神社なのでしょうね。

桜見たさにスルーしました。

 

さかわ町の民家を背景に満開の桜がいっそう映えます。

あまりに近距離でたくさん桜の木があるので、全体を撮影できませんでした。

この時点でやまの中腹ぐらいでしょうか。それでも佐川駅から15分ぐらいで到着するぐらいのちかさです。

 

しばらくはS時の山道をてくてくのぼっていきます。

山側にはもうびっしりと満開のさくらが咲いています。

広域をうつせるレンズを持っていないので申し訳ないです!!

 

山頂ふきんから撮影しました。

なんどもいいますが、山半分がほぼ桜ですからね。

レジャーシートを敷いて花見をするような場所がないため、桜の写真を撮りたいひとにとってはもってこいだと思います。坂道をゆっくる登りながら桜を眺めることができるなんてなんとも贅沢ですね。

 

なかにはまだ咲いていない花もありました。

あまり花に詳しくないのでご紹介できずすみません。。。

桜は7合目付近ぐらいまでに植えられていました。

 

牧野博士が永眠されている場所

この「牧野公園」の「牧野」というのは、「植物学者 牧野富太郎博士」のことですね。

この牧野公園に牧野博士のお墓があります。

植物学者 牧野富太郎 牧野富太郎博士は、1862(文久2)年4月24日、現在の高知県高岡郡佐川町に生まれました。土佐の豊かな自然に育まれ、幼少から植物に興味を持ち、独学で植物学の研究を続けました。94年の生涯において収集した標本は約40万枚。新種や新品種など1,500種類以上の植物を命名し、日本植物分類学の基礎を築いた一人として知られています。1953年に東京都名誉都民。没後、文化勲章受章。

高知県立牧野植物園WEBサイトより引用


一般社団法人さかわ観光協会より引用

ぜひ、土讃線にのってのんぼり「牧野公園」へ桜や植物をみに行ってみてください。

駐車場が驚くほどすくないので、やはり電車がお勧めです。

 

 

 

横浜市から高知市へ35歳で移住した田舎暮らしに憧れる編集長の小川みのる(@Twitter)です。1部上場企業を退職。家族の介護の為に高知へ。「高知らしさ」をライフワークにし、多くの「高知らしさ」を残すのが目標。高知市のウェブジャーナル「高知。おまちRASHISA」編集長。代表小川みのるのプロフィールはこちら

 





【KOCHI.RASHISAのスポンサー様です(^▽^)/】







ピックアップ記事

  1. ダンベルを使った筋トレはもう古い。「ファントレ」で理想的な身体を手に入れよう
  2. 食事量を極端に減らすひとがダイエットで失敗するたった一つの理由
  3. 組織にいると自分の頭で考えるチカラが衰える理由
  4. 実年齢より老けて見られる方はAGEによる原因の可能性が高い
  5. アメリカ式会議がとてつもなく効率がよい理由

関連記事

  1. 高知らしさ

    高知県民で知らない人はいないパン屋!

    高知県民で知らない人はいないパン屋!&nb…

  2. 高知らしさ

    よさこいで「NHKうたコン生放送」。一青窈さんと夢の出演

    こんにちは。神奈川県から高知市へ移住し、サラリーマ…

  3. 高知らしさ

    挑戦したからこそ叶った「ほにや」でよさこいを踊る夢

    よさこい発祥の地よりこんにちは。人生一度きり。できればやってみ…

  4. 高知らしさ

    高知の山奥で出会った絶品スイーツ「茶畑プリン」

    いつも、ビジネスや健康記事ばかりなので、たまには高…

よく読まれている記事

  1. 活力みなぎる身体づくりの方法

    日本のダイエットの重大な問題点
  2. 30代の働き方

    なぜ私が年収700万円の一部上場企業と都会を35歳で捨てたのか?
  3. 高知らしさ

    山の半分が桜に覆われている「牧野公園」の魅力
  4. 活力みなぎる身体づくりの方法

    ダンベルを使った筋トレはもう古い。「ファントレ」で理想的な身体を手に入れよう
  5. 高知らしさ

    仁淀川の秘境にある「スノーピークおち仁淀川キャンプフィールド」。キャンプ場の域を…
PAGE TOP